米国不動産(アメリカ テキサス州)を活用した、
不動産投資なら「クルーズハウジングコーポレーション」

お問い合わせはこちらから。お電話でのお問い合わせは03-6240-9344、受付時間は9時から18時まで。

無料セミナー

個別相談

節税スキーム Tax reduction

テキサス州の不動産(住宅)投資の3つのメリット

節税スキームの詳細

住宅取引における日本市場と
米国市場の比較

項目 日本 米国 米国における特徴
不動産価値 築年で劣化
(購入した時点で30%ダウン)
築年では価格が下がらず、
状態で価値が決まる。
築年数で価格は下がりません。
不動産市場 人口減少もあり将来性が
見込めない
人口増加・経済成長による
成長が見込める
米国では年間平均約6%、中古住宅が値上がりしております。
人口 人口減少社会へ 先進国で唯一の人口上昇国。
2040年までに18%上昇予測
人口が急激に増えており、住宅不足が問題となっております。
土地建物比率
(築22年以上の木造住宅)
土地90%:建物10% 土地20%:建物80% 土地よりも建物の価値が高く、
建物価値に築年数の影響がない。
耐用年数
(木造住宅)
新築は22年
22年超の場合は4年間
築年数に関係なく、
購入から一律27.5年
築年数が価値に影響しないため、耐用年数は一律です。
中古市場流通シェア 13% 78% 中古住宅中心の流通です。
住宅取引量
(人口に対する流通割合)
134万戸/1.2億人 874万戸/3.2億人 人口当たりの不動産取引は日本の2.5倍あり住宅取引が盛んです。
住宅寿命 30年 103年 住宅寿命が長いため、
築50年超えの住宅も積極的に
取引されます。
項目 日本 米国 米国における特徴

ご購入事例

医院経営 A様

購入後の手取り年収:
2,280万円から3,440万円に上昇 160%UP

購入前
課税所得 現在の手取り年収 購入額
4,000万円 2,280万円 10,000万円
購入後
減価償却額 節税額 家賃収入課税後 購入後の手取り年収 手取り収入増加率
2,000万円/年 1,000万円 160万円 3,440万円 160%
節税内訳
従来の手取り年収 課税所得4,000万円
2,280万円(所得税・市県民税:1,720万円)
加速度償却後の手取り年収 課税所得2,000万円(2,000万円分は非課税)
3,280万円(所得税・市県民税:720万円)+家賃収入
  • 家賃収入は、ネット利回り4%・稼働率80%、税率50%で算出しております
  • 税率は、課税所得が4,000万円を下回ることにより55%から50%へ下がっております

外資系金融機関勤務 B様

購入後の手取り年収:
1,280万円から1,814万円に上昇 142%UP

購入前
課税所得 現在の手取り年収 購入額
2,000万円 1,280万円 5,000万円
購入後
減価償却額 節税額 家賃収入課税後 購入後の手取り年収 手取り収入増加率
1,000万円/年 444万円 90万円 1,814万円 142%
節税内訳
従来の手取り年収 課税所得2,000万円
1,280万円(所得税・市県民税:720万円)
加速度償却後の手取り年収 課税所得1,000万円(1,000万円分は非課税)
1,724万円(所得税・市県民税:276万円)+家賃収入
  • 家賃収入は、ネット利回り4%・稼働率80%、税率43%で算出しております
  • 税率は、課税所得が1,800万円を下回ることにより50%から43%へ下がっております

大手メーカー勤務 管理職C様

購入後の手取り年収:
838万円から1,086万円に上昇 130%UP

購入前
課税所得 現在の手取り年収 購入額
1,200万円 838万円 2,500万円
購入後
減価償却額 節税額 家賃収入課税後 購入後の手取り年収 手取り収入増加率
500万円/年 195万円 53万円 1,086万円 130%
節税内訳
従来の手取り年収 課税所得1,200万円
838万円(所得税・市県民税:362万円)
加速度償却後の手取り年収 課税所得700万円(500万円分は非課税)
1,033万円(所得税・市県民税:167万円)+家賃収入
  • 家賃収入は、ネット利回り4%・稼働率80%、税率33%で算出しております
  • 税率は、課税所得が900万円を下回ることにより43%から33%へ下がっております
テキサス不動産投資 無料セミナー開催中
テキサス不動産投資個別相談
ページ上部へ戻る