米国不動産(アメリカ テキサス州)を活用した、
不動産投資なら「クルーズハウジングコーポレーション」

個別相談

お問い合わせはこちらから。お電話でのお問い合わせは2147749665、受付時間は9時から18時まで。

第56回 2022年10月 ダラス・フォートワースエリアの住宅市場

今回は、最近発表されたダラス・フォートワースエリアの2022年10月の不動産市場についてレポートします!

冬に向け価格は下落傾向

2022年10月の価格中央値は$400,000(前年比115%)、Sqft単価は$206(前年比113%)となりました。前月から比較すると、価格中央値で$4,000、Sqft単価は横ばいとなりました。

先月に続き価格は下落となりましたが、例年と同等の範囲で落ち着いています。これから迎える年末・年始にはさらに価格は下がる見込みですが、現在のところ大きな下落には至っていません。

新規売り出し・成約件数ともに減少

新規売り出し件数は8,769件(前年比84%)、成約件数は6,644件(前年比76%)と減少しています。例年と比較し低い水準となっている背景には、政策金利の引き上げに伴う住宅ローン金利上昇が大きく影響していると考えられます。

 

DOM(Day on Market:売り出しから成約までの日数)は5日延長

DOMは先月から5日延びました。一昨年の水準まで戻したかたちですが、住宅市場が過熱状態になる前は60日以上であったことから、需要は顕在であると言えます。

戸建て賃料は前年比6%の伸び

引き続き賃貸市場も順調で、戸建て賃貸物件の賃料は前年比で6%伸びています。また売買物件同様に、賃貸に出されてから平均して30日以内で契約に至っています。

現在アメリカでは40年振りのインフレとなっており、その対策としてFRBは立て続けに政策金利引き上げを発表しています。先日発表された消費者物価指数CPIが市場予想を下回りましたが、依然として住宅ローン金利は7%を超える水準に変わりはありません。

高金利により融資を受けることができなくなった消費者は、住宅購入の断念を余儀なくされ、賃貸を選択するケースが増えています。

その一方で、高金利は長く続かないとの見方から、一旦高金利でも受けられる金額まで融資を受け住宅を購入し、金利が下がってからリファイナンスをするという方法はアメリカでは一般的となっています。物価上昇から賃貸物件の賃料も上昇傾向にあり、高い賃料を支払うよりは予定よりも金額を下げて住宅購入を検討するケースも増えてくることが見込まれます。

今後も変動の大きい市場が予想されます!その中でも良いエリア、悪いエリアがあります。アメリカ不動産にご興味のある方は是非ともご連絡をお待ちしております。

 

 

情報ソース:

MetroTex with the support of the Real Estate Center at Texas A&M

HP: https://www.mymetrotex.com/market-reports/

テキサス不動産事業 CEO / Architect 鶴岡洋一

大手ハウスメーカーの技術者として、東南アジアでの戸建分譲地開発に従事。加えて、マーケティング、経営企画、人事も経験するなど、幅広い専門知識を持つ。2018年からテキサス不動産事業に参加し、現地の代表及び技術責任者を務める。
日本の一級建築士、宅地建物取引士。

第55回 2022… 記事一覧 第57回 2022年11月 ダラス・…

速報の関連記事

テキサス不動産投資個別相談
ページ上部へ戻る